一問一答

10秒間にかけた青春 ー 掛川真

中央が掛川。桐生選手とは全中や国体で凌ぎを削り、多田選手とは関西学院大学でリレーを組んだ

掛川真

大手スーパー勤務

名古屋高校から関西学院大学を経て大手スーパーに勤務する社会人3年目。関西学院大学陸上競技部時代には、個人で日本ジュニア選手権200m3位、全日本インカレ男子4×100mRにて世界選手権代表の多田修平らとバトンを繋ぎ3位入賞。妹の掛川栞選手もジュニア五輪優勝など数々の輝かしい成績を持つ。自己ベストは100m10秒59、200m21秒00。趣味はカメラ。

名門関西学院大学で3走を務めていた生粋のスプリンター掛川真が語る陸上の魅力とは

陸上の魅力ですか?そうですね......短距離で言うと、"10秒間の中にドラマがある"事でしょうか。瞬間、瞬間を切り抜くとそこには必ずドラマがある。それが陸上競技の魅力です。

淡々と、しかし、熱量が伝わる話し方をする人だ。掛川さんを初めて取材させていただいた筆者はそんな風に感じた。

Q.陸上との出会いはいつでしょう?

小学生のときですね。親にスポーツをはじめなさいって言われたんですよ。サッカーや体操もやっていたのですが、中学に上がるときに陸上一本になりました。なんとなく始めた陸上がこんなに続くなんて。

小学生の全国大会(日清カップ)にて

Q.印象に残っている試合は?

いろいろありますよ〜。小学生のときは、初めて出た全国大会。めちゃ緊張したなあ。中学は全中やジュニアオリンピック。高校はインハイ予選で、怪我人多発の中、200を棄権してマイルに懸けたことが思い出深いです。高校までは順調で、とにかく陸上を楽しんでいました。

リレーの名門 名古屋高校の仲間たちと(右から2人目)

「小学生からずっと全国で活躍されて、本当にすごいです......!」

『いやいや、ここからが大変なんです(笑)』

大学に入って人生で初めてのスランプに陥りました。高校までは怪我をしてもわりとすぐ回復していたので、結構しんどかったですね。冬場に量をこなす練習をしていて、最大スピードが落ちてしまっていたんだと思います。それで春先にいきなりスピードを出しちゃって。肉離れです。

Q.人生で初めてのスランプをどう乗り越えましたか?

まず、しっかり回復すること。怪我をしていると、何をしていいかわからないし、シーズン中は特に試合に出たい気持ちが高まって焦ってしまいます。それを押さえて、1ヶ月くらい思いっきり休むとか、違うスポーツ、例えば水泳とか体操などをやったりしました。

それから、身体を作り直すことを考えました。高校の時にお世話になっていた先生に会いに行って、指導してもらいました。(愛知県の人はわかるかな...小栗先生)あとは、メニューを見直して、冬場の量をこなす練習の頻度を少なくしたり。

「そんな努力が生んだ全カレ3位ですね。」

たくさん時間がかかりましたが、大学4年で、結果が出てよかったです。日本インカレ4×100mR 3位、個人としても、大学4年の7月、愛知県選手権で100m 10"59の自己ベストを出すことができました。

大学4年時の全日本インカレ、アンカー多田選手(799番)にバトンを渡し思いを託す掛川

Q.全カレ決勝でもバトンを繋いだ多田選手について教えてください。

多田は多田ですよ。あいつは強いからって、いい意味で、特別扱いするってこともないです。普通に後輩なんで、大学時代はいっしょに出かけたりしてました。5〜6人でレンタカー借りて遠出とかして...普通に大学生ですよ。まあ、次の日も練習なんですけどね。

「トップアスリートも普通に大学生っぽいことしててなんか安心しました。」

『そうですそうです。陸上選手だってユニバとか行きます』

ロンドン世界陸上2017で銅メダルを獲得した多田選手と

Q.妹の掛川栞選手については?

たま〜に一緒に練習するんですが、男女差があるので、ハンデ走をするんです。そしたら妹はほぼ100%フライングします。よーい、どんの時にはもう5歩進んでます。勝てません。

Q.競技を引退してから気づいたことはありますか?

陸上に対する見方が変わったかもしれません。現役のときは絶対負けない、という気持ちでしたが、今は負けても楽しかった、と思うようになりました。

掛川さんの10秒間の裏にはこんなドラマがあったんですね。

お話を聞いていく中で、陸上選手、誰一人としてドラマのない選手はいないんだと実感させられました。

快く取材協力していただいた掛川さん、本当にありがとうございました。

スランプから脱出し大学最後の全日本インカレで銅メダルを獲得

大学4年間苦楽を共にした関西学院大学陸上部の仲間たちと

【編集後記】

カメラが趣味だという掛川さん。Instagramに写真をアップしていると聞き拝見させていただきました。素晴らしい作品の数々。一度、追求し始めるととことん追究する、100mにかけた思いと同じ感じがしました。ぜひご覧になってください。(https://instagram.com/kakegawamakoto)

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930