出るか20秒代!今季100m日本ランキング2位の遠藤泰司が奈良市記録会で200mに挑戦!

今月6日の沖縄春季記録会にて、100m自己ベストとなる10.20をマークした遠藤泰司(新日本住設)が、明日行われる奈良市記録会の200mに出場することが分かった。


遠藤泰司選手コメント

ー100mについて
昨年は3月7日に10″33を出して以降記録を伸ばせず終わってしまいました。
先日3月6日に10″20を記録しましたが、YouTubeのコメント欄では「遠藤はこっから落ちていく」というコメントを多々拝見しました。
そいつらの脳裏を覆すために僕は頑張ります。

ー200mについて
200は走り込みの練習この冬やってきたんでベスト出る自信しかありません。ですので、風さえ黙ってくれればベスト更新間違いなし。頑張ります(照)

現在の200mベスト

自己ベストは大学生時代の21.07。こちらの記録も明日の記録会の会場となるロートフィールド(当時はならでんフィールド)にて出したもの。
当時の100mのベストは10.32。100mの走力が当時より上がっているため、今回の記録にかなりの期待がかかる。


非公認ながら自己ベストを超えるタイムをマーク

遠藤選手は、母校である立命館大学が主催する「Ritsumeikan Athletic Games」のテストを兼ねた200mのレースに出場。
公認記録にはならないが、電動計測で自己ベストを上回る21.02をマークしている。


本人のツイートでも自信が感じられる。

200mのみならず、100mでも記録を狙う遠藤。
明日は100m10.1台、200m20秒台突入なるか。


第5回奈良市記録会について

奈良市陸上競技協会が主催する大会。ロートフィールド(鴻池陸上競技場)にて開催される。
HP:http://www.kirokukai.shop/

佐藤 玄主

佐藤 玄主リクゲキ代表

記事一覧

1999年11月20日 兵庫県芦屋市出身。毎年1月10日に兵庫県西宮神社で行われる「開門神事福男選び」において1番福を獲得。尼崎市立尼崎高等学校時代には兵庫県ユース優勝、近畿ユース3位、全国高校選抜出場などの記録がある。現在は、株式会社オマツリジャパンでお祭りコーディネーターとして祭りを活用した企業プロモーションやコンサルティングに取り組む傍ら、一般社団法人クロスポイントプロジェクトの代表理事としてリクゲキの運営などに取り組む。

おすすめの記事