山縣亮太選手によるオリンピアントークショーが奈良で開催

リオ五輪男子4×100mリレー銀メダリストで100m10秒00の記録を持つ山縣亮太選手(セイコーホールディングス所属)が11月1日、奈良県奈良市のなら100年会館で行われた「オリンピアントークショー」に登場しました。

主催者の木村慎太郎さん(33)

当イベント主催者で100m10秒21の自己ベストを持ち、日本選手権優勝経験もある木村慎太郎さん(33)は「コロナ禍においてスポーツが思うようにできない環境の中、もがいている未来ある子供たちへアスリートとの交流の場を創出したい」という想いからクラウドファンディング活用して開催まで至りました。

地元の学生の質問に回答する山縣亮太選手(中央)、主催者の木村慎太郎さん(右)

トークショーの中で山縣選手は、幼少期から学生時代の振り返りや現在の考え方について語りました。また、司会者よりから験担ぎ飯について質問され「昔はカツ丼を食べていましたが、油物が気になるので最近はマネージャーに代わりに食べてもらうようにしています」と回答し、会場を沸かせました。

参加した約100名の地元学生ら

トークショーには地元の中高生を中心に約100名が集まり、参加した奈良育英高校の亀井さんは「夢のような時間でした」と興奮気味に語り、同校の田原さんは「一流の選手の話が聞ける機会がないので貴重な時間になりました」と笑顔を見せました。

主催者の木村さんは「今年は試合がなくなりアスリートにとって辛い年になったと思います。その心に空いた穴の穴埋めになればと思ってイベントを企画させていただきました。イベントでは至らない部分はありましたが中高生の笑顔が見れて開催ができたことをうれしく思います。改めてご支援いただいた方々にお礼申し上げます。」とイベントを振り返りました。

クラウドファンディングページはこちら

佐藤 玄主

佐藤 玄主リクゲキ代表

記事一覧

1999年11月20日 兵庫県芦屋市出身。毎年1月10日に兵庫県西宮神社で行われる「開門神事福男選び」において1番福を獲得。尼崎市立尼崎高等学校時代には兵庫県ユース優勝、近畿ユース3位、全国高校選抜出場などの記録がある。現在は、株式会社オマツリジャパンでお祭りコーディネーターとして祭りを活用した企業プロモーションやコンサルティングに取り組む傍ら、一般社団法人クロスポイントプロジェクトの代表理事としてリクゲキの運営などに取り組む。

あわせて読みたい

おすすめの記事