【陸上界で話題の水素ってどうなの?】水素ユーザーの泉谷莉子選手に聞いてみた!

陸上界では現在「水素吸引」が大人気となっています!

沢山のメーカーから水素吸引器が発売されていますが、その中でも「水素の窓口」さんの商品がよくSNSのタイムラインで目に止まります。

今回は、水素の窓口さんが販売する製品を使用する泉谷莉子選手に話を聞いてみました!

そう、こちらの選手が2024年パリ五輪出場を目指す美女アスリート
株式会社ジーケーライン所属の泉谷莉子選手です!

泉谷莉子(いずたに りこ)
武庫川女子大学院→株式会社ジーケーライン
7種競技 5218点

泉谷選手所属のジーケーライン陸上競技部は、東日本実業団選手権でも多数、優勝および入賞者がおり、注目のチームの一つでもあります!(詳細は画像をクリック!)

泉谷選手には特別に1ヶ月間、水素の窓口さまの製品
「水素のチカラtype-150」の貸し出しを行いました。

水素のチカラtype-150|商品ラインナップ|水素の窓口

泉谷選手には1ヶ月間使用した感想を、忖度なしに正直にお答えいただきます!それでは早速インタビューの方へいってみましょう!
(これを見ている水素業界の方はドキドキですね…!)


正直、「これやって意味あるのかな?」って思いました。
それと同時に、「どんな感覚なんだろう」という興味も少しはありました。


  

やはり睡眠が深くなったのを感じました。いつも6〜7時間寝ているのですが、水素を吸入することで寝る時間は変わりませんが、「睡眠の質が高くなった」と感じます。ツイートしたように、練習とテレワークの毎日なので助かりました。

私自身は、睡眠にはこだわっていて、マットレスや枕、空気清浄機など、より良い睡眠を確保できるように環境を整えています。それに加えて水素吸入をしたのは良い相乗効果があったように思います。

実は、水素吸入器を使う前に、夜の時間帯になると元気になって目が冴えてしまうことがあったんです。それが水素吸入をすることで、深い眠りができるように変わったのは良かったですね。


最初の方が効果を感じました。1ヶ月ほど使ってみて、最初の方に変化を感じたので、そういう意味では即効性があるのかなと思います。ちゃんと吸って、ちゃんと吐くということを意識して吸入していたのも良かったのかもしれませんね。


健康のために良いことは沢山やっているので、水素のおかげで美容効果があったかは正直わからなかったです
ですが、悪いということはないと思います。


日本選手権までお借りしていたので、日本選手権にも持っていき使用しました。疲労回復の助けになりました。貸し出し期間を終え、日が経つにつれて水素が睡眠の質に良い影響を与えてくれていたことをすごく感じました。

先ほども言いましたが、私はもともと栄養やケアに力を入れていて、健康オタクなんですよね。サプリメントやアミノ酸、他にも仕事中はブルーライトカットメガネをかけたり、、、いろいろやっているので、そういったこととの相乗効果もあったと思います。


1回吸って終わりではなく、継続して吸入することが一番大事だと思っています。私は寝る前に吸う、練習後に吸うと決めて、結構しっかりと継続することを意識していました。そうして、ようやく効果が出てくるものだと思っています。

身体には良いものだと思いますし、疲労感が減ってくる感覚はありました。しかし、個人差で合う合わないはあると思います。なので、容量用法を守ってしっかり使用してみてください。


泉谷さん、インタビューありがとうございました!やはり水素の効果は抜群ですね!

遠藤選手へのインタビューに引き続き、今回も水素のチカラの効果を実感するインタビューとなりました!日本トップ選手の間に、続々と浸透しているので、今後もその広がりに要注目ですね!

この記事をお読みいただき、水素のチカラに興味を持たれた方は、ぜひ水素の窓口さまにご連絡ください!


水素の窓口 | ホーム

水素の窓口株式会社
〒302-0110  茨城県守谷市百合ケ丘3丁目249−1 イオンタウン守谷 2階
お問い合わせメールアドレス:info@suiso-madoguchi.com

信田 雄一郎

信田 雄一郎リクゲキ編集部長

記事一覧

1987年3月14日生 愛知県出身。陸上競技をこよなく愛し、同志社大学卒業後、陸上競技部の顧問になるために教職の道へ。球技系部活動の顧問をしながら、陸上競技のパーソナルコーチも務めていた。現在は、陸上競技メディア制作の他、コーチングや教育業にも没頭中。今後はマスターズ陸上に挑戦予定。

あわせて読みたい

おすすめの記事